人工物であるインプラントが虫歯になることはありません

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。
レバウルフの評判

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中にすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

最近話題になることも多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。

これは重要な事実です。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。

これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

この治療の費用は地域や、歯科医によって相当な開きがあります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。

典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というプロセスをたどります。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクはあります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。

どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です