自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

モットンマットレス
急患でも診療を受けることが必要です。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。

歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です