ツッチーだけど難波

他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は決して看過できるものではありません。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質がかなりマイナスに作用します。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。

そのようなケースでは、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
デルメッドしみに効くから美白になれる|お試しでデルメッドトライアルセットもあります

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です