スチュワートスネークヘッドのランチュウ

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。

人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病などのリスクが増します。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。

それは違います。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。

こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。

典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。
オンリーミネラルの化粧品はネットでも大人気!

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です