久田とあつこ

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが要求される作業です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。

歯科医の腕と設備次第で、かなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。

インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

この点は、歯科医の技量や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。

鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

シボヘール人気みたいですね!口コミと評判を購入前に見ときましょう!
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。

あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。

ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。

インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です