ファンタジーだけどロバーツ

結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵に頼む時、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間を事前に話し合います。

時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、調査が長期になれば調査費用が高額になるでしょう。

調査する人の所属するオフィスにより、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。

日頃、相手の行動の様子を気をつけてみておくことは他人に頼まなくてもできますが、浮気を認めざるを得ないような証拠を押さえるのには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が間違いありません。

そして、探偵をお願いした場合は、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。

着るものが今までと違った系統になってきたら、怪しいです。

浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、ほんの少しだけでも格好よく見せたりしている可能性があります。

突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものを着るようになってきたら、相当に危ない予兆です。

その中でもお洒落なインナーをつけるようになった時、浮気をしていることがありえます。

浮気調査に必要な期間は、普通は1週間以内には終わります。

覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも一般的な期間です。

浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあり得ます。

それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が調査員に伝えられていた場合は、調査期間は1日で済むこともあります。

自分でいろいろするよりは、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。

経験豊富な探偵に依頼したら、浮気の証拠をちゃんとつかめます。

自分で手を尽くして調べてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。

しかし、相手を責めたてても浮気の事実はないと逃げられたら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。

有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度になる場合もありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は少なくなります。

それに、不倫した相手が浮気を認めない際は根拠が必要です。

無関係な人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。

 探偵が用いている追跡グッズとは 自分でも買えるのかと言われたら、購入できます。

追跡グッズは、GPS端末を一般に用いることが多いのですが、どんな人でもネット等で買うことができます。

車両に載せてあるGPS端末というのは、車の盗難時に備えてつけておくものなので、当然、誰でも購入できます。

事前に成功報酬と言われていても、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査は成功したということになってしまいます。

浮気しているのかは分からないまま、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、浮気の証拠がつかめないまま、専門的な調査は完了となり、成功報酬として料金を支払うのです。

GPS端末を使い、良く通っている地域の情報を得て、張り込んでいると、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、浮気の証拠をつかむことができると思われます。

調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、ひとつの方法ではあります。

ただし、その装置を仕込んだことが知られてしまう恐れもあります。

尾行料金の相場はと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。

当たり前のことですが、調査員の数が少なければ安く、増えれば増えるほど高くなります。

また、尾行の時に移動のために車やバイクを使った場合、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認したほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です