ワトソンで梶山

信頼に値する探偵事務所を見つける方法として、評判や口コミを調べるのが大切です。

ここで重要なことは、探偵事務所が運営するホームページに紹介されている口コミを参考にするのではなく、全く関係のないところが運営する掲示板や相談サイトにアップされている口コミを調べる方が信頼できます。

その探偵事務所の純粋な利用者による口コミは、信頼性が高いのは明白です。

浮気調査に必要な期間は、多くの場合は3~4日間です。

とはいっても、これはあくまで一般的な期間です。

普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあり得ます。

それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が調査の前に分かっていれば、1日で十分な証拠が集まることもあります。

離婚も辞さないつもりで、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。

そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、揉め事を大きくする可能性があるので、できるだけ避けましょう。

あなたが信頼する人と一緒に行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

信頼できる人が同行できないときは、探偵に依頼するという方法があります。

探偵に依頼するなどし、浮気の証拠が掴めます。

相手が浮気をしているのではないかと思った場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。

でも、浮気の証拠を自分だけで収集しようと思っても、相手に見つかるという事もなきにしもあらずです。

その原因ははっきりしており、あなたの顔が相手に認識されているのからです。

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を調査員に行ってもらう場合、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間を契約を交わす前に取り決めます。

1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査期間が長期になればなるほど調査費用が高額になるでしょう。

興信所などによって、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。

費用を節約して浮気調査をするには、ある程度自分で前もって調査をすることでしょう。

難しい調査ではありません。

ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで良いだけです。

毎日、仕事に出掛けた時間、帰宅時間、電話で誰かと通話していれば、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。

尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、安い料金で行うことができます。

ですので、尾行を探偵にお願いするなら、パートナーの日常の行動を調べておくことが重要です。

その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をお願いすると、探偵側も余計な手間がかからず、お互いにとってメリットのある依頼になります。

浮気調査に対して探偵に払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。

実費としては調査の際にかかった交通費とか写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるでしょう。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、計算した費用です。

浮気調査を行う期間が短ければ請求金額も少ないです。

自分で浮気調査はすべきではありません。

その理由は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまうかも知れません。

自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?実際の密会に居合わせてしまうと逆上してしまったという例が多数確認されています。

余計な厄介ごとを増やさないためにも本来の目的を達成するためにも、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。

配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠を把握することもできるでしょう。

まず、いつもなら好んで行くことがないような毎回、コンビニのレシートを視界に入ることが多くなったら、普段からその近くに何回も行っている事になります。

その場所で監視していると、浮気の現場を確保できるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です