シロテナガザルと牟田

浮気現場の日時がわかっていると、調べる時間が少なくて済むので、調査代金はその分安くなるのです。

ですが、いつ浮気をしているか気づいている場合でも、友人を説得して写真を撮るようにすると、成功することはほぼないはずです。

知られずに証拠写真を手に入れるには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。

浮気調査に必要な期間は、普通は1週間以内には終わります。

しかしこれはあくまでも平均的な日数です。

浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあることも覚悟してください。

それとは逆に、この日は浮気しそうだという日があらかじめ分かっているなら、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。

夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵に頼む時、通常、調査をする人の数と調査にかける日数を契約を交わす前に取り決めます。

探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、浮気調査をした時間が長ければ長いほど請求される調査費用も多額になります。

興信所などによって、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。

動き方を書き留めておくことで浮気の裏付けができることもあるでしょう。

基本的に、日々の行動にはパターンが定まってくるものです。

けれども、浮気をすると、そのパターンが揺らぎます。

変わった曜日や時間帯を断定ができたら、注意して動きを観察するようにすると、浮気の証明ができる可能性が上がります。

浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。

実費には移動にかかる費用、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査中の食費が加わることもあるかもしれません。

時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、費用を算出します。

調査にかかる時間が短いほど費用も安くすむわけです。

ご自身での浮気調査がオススメできない理由はカッとなってしまう危険性があるのです。

強い心を持っている人でも、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと逆上してしまったという例が多数確認されています。

平穏に解決するためにも、本来の目的を達成するためにも、浮気調査は探偵に任せるのがオススメです。

着ている服を見て浮気の実証ができます。

人が浮気をすると、著しいのは今までとは変わった服装です。

以前はファッションに対して無頓着だったのに、突然にファッションにこだわるようになったら用心しましょう。

これから先浮気をしようとしていたり、浮気している人がいるかもしれません。

一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。

当然のことですが、調査員が1人なら安く、多ければ多いほど高くなります。

そして尾行の際、移動のために車やバイクを使った場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認するべきでしょう。

たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかめます。

浮気相手への連絡手段として携帯を使われるのが当然だからです。

今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡を取ることが多くなりましたが、やはり好きな人の声を聞きたいと思うことは安易に予想できます。

ですから、空き時間に電話することはもちろん考えられます。

不倫問題を相談したいと思うなら弁護士に相談することをオススメします。

離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかを考えてから相談しましょう。

もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵事務所や興信所に相談してください。

女性の場合だと、近所の奥さんや友人に相談してしまう人もかなり多いですが、後で噂になりたくないなら、絶対にしてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です