探偵に頼むという事は、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、状況に応じたアドバイスももらうことができる

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。

ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、家庭内で別居している状態であったり、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。

慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど様々な角度から検証して裁判所が慰謝料を決めます。

興信所と探偵事務所の違うところですが、別段変わりは無いと言っても良いでしょう。

共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような同じような仕事内容です。

とはいっても、差があるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。

調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が見つかったならば、結婚生活を続けていいのかどうか選択に困りますよね。

そうならないように、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、一度考えてみてはいかがでしょうか。

法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

探偵をバイトでしている人のいる場合があるんです。

アルバイト、探偵で検索すれば、求人情報が表示されます。

これからわかることは、バイトを働かせている探偵事務所もいっぱいあるということです。

浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人情報を教える必要があります。

ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は低くなるのです。

さらに、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは根拠が必要です。

第三者からみても明白な浮気の証拠が必要です。

探偵が何もミスをしなくても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、調査対象が警戒を強めてしまって証拠を残さないようにし始めたりして、失敗に終わる場合もあります。

たとえ探偵が浮気調査をしても、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

充分な調査が出来なかったときの費用についても、依頼をする時に決めておくことが大事だと言えます。

着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、怪しい兆候です。

ビダンザゴーストの口コミ
浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。

突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものを選んで着るようになりだしたら、非常に危険です。

その中でも特に、趣味の良い下着をつけるようになった時、浮気をしていることがありえます。

浮気した事実をカーナビで証明できるのです。

みつからないようにカーナビに残っている履歴を確認することで、浮気相手と車でデートしたところを見つけられる可能性があります。

あまり見たことがない場所の履歴を見つけた場合注意する必要があります。

それに加えて、しばしばもしガソリンを入れていたら、車で会っている可能性があるかもしれません。

結婚している相方が、浮気しているときでも別れたくなければ密会の場面に行こうとするのは避けましょう。

浮気していることを指摘された結果、パートナーの感情を逆なでしてしまい、元の関係に戻ることができなくなってしまうこともあります。

しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。

探偵をお願いすると高くなるので、自分でやってみようとする人もいるものです。

難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実際にやってみるとそう簡単ではなく、相手に悟られず尾行をするのはとても技術がいるでしょう。

こちらの行動がバレてしまうと、相手は手を打つので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。

相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、プロに浮気調査をお願いするべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です